" /> パチプロを廃業する主な理由! | パチンコ記事 |2021年4月6日 |パチンコはプロしか勝てない

パチプロを廃業する主な理由!

 

パチプロを廃業する主な理由

目次

外部的要因

優良店の有無

ライバルの有無

環境の激変

内部的要因

パチプロは精神的にキツイ

関連記事

優良店がダメになっていく過程

全国7拠点でITエンジニアの転職を支援


外部的要因

パチプロが引退に追い込まれる

原因は大きく別けて2つ

それは外部的要因or内部的要因

どちらかです!

主に多いのは外部的要因になります。

外部的要因という小難しい言葉を

使ってますが

要するに自分では解決できない

理由で引退に追い込まれることです。

その自分で解決できない

原因は主に3つです。

まずは外部的要因から解説していきます。


優良店の有無

パチプロが生活できているのは

この優良店の存在にあります。

その優良店が少なくなり

満足に毎日稼働できなくなると

稼ぎが減っていくことになり

引退の原因になります。

この理由で辞めていく人が

多いと思っています。

そういう自分も引退した理由は

コレが原因でしたね…。

もうね…

どんどん使える店舗が

また一つまた一つと減っていくと

本当に焦ってきます。

そのうち隣町のパチ屋まで

遠出してまで稼働することになり

肉体的にもキツイです。

いつかはこうなるのではと…

覚悟はしてるつもりでしたが

いざ身に降りかかると

焦りで余裕がなくなります。

今まで通ってない店舗なので

貯玉もないので

またイチからのスタートです!

遠いし眠いし投資額は増える

良いことなんて一つもないです。

そこまでして地元のパチ屋が

状況が良くなるかと言うと…

まず望みは薄い!

悪くなるのは簡単だけど

良くなるのほ難しいのです。

安定した収入を得る為にには

最低優良店が3~5店舗

欲しいところです。

そこを切ってしまうと

一気に稼働が落ちます。

優良店でいてくれる努力は

客の立場ではどうすることもできない。

このまま優良店でいてくれと

願うことはできても

実行する力は無いのです。


ライバルの有無

これも自分ではどうすることもできない

誰かプロになることを

止める力も権利もありません。

自分もプロに成りたくて成ってる以上

他人を止めることはできません。

そうは言ってもピンのプロは

そんなに脅威ではないです。

問題は軍団だった場合です!

いつも通りホールに行くと

優良台が見知らぬ人達に全台

押さえられてたら絶句するでしょう。

エッ💦

ナニコレー

となり、しばらく状況が

読み込めない事態になります。

数の力は強力で一人では

とても立ち打ちできないでしょう。

どんなに知識や技術があっても

数の暴力には勝てないのです。

こうなったら彼らよりも

早く起き並ぶか…

争いを避けて別な店に

行くしかありません。

いずれにせよ選択肢が

少なくなることは必須です。

そして長期間軍団が居座る

事態になれば…

考えたくないことを

考えざるを得ません。


環境の激変

これは優良店がなくなる…

という意味では似たような理由ですね。

まぁ劇的に環境が変化してしまい

稼働ができなくなる事態です。

例えばコロナの影響で

ホールが自粛したのは

いい例かと思います。

もし貯蓄に余裕がない場合

自粛が長期に渡れば

自死する運命にあります。

自分の場合は東日本大震災でした!

まだパチプロに成ってまだ3ヶ月に

それは起きました。

当然まだ貯玉も充分な余裕がなく

現金もそんなに持ち合わせてない。

そんな時に強制的な閉店になり

どこの店も打てない状況になりました。

いや、かえって貯玉に全部まわせなくて

良かったといえます。

全部貯玉にまわしてたら

店が営業してないから

現金に変えれなかった…。

もしあの時少しでも

現金を残してなかったら

生活することさえ困難だったでしょう。

まぁ最悪、親に頼ればいいが…

この時思ったことは

今の現状が続く保証は無いのだと

痛いほど理解したことです。

いきなり突然全部ひっくり返ることは

起き得ることだと認識すべきです。

そうそう起きないことだとは

分かってますが

可能性はゼロではない。

何が起きてからアタフタするのは

もう大体手遅れのケースです。

そしてそれは父親が亡くなった時も

また同じ状況に陥るのです。

詳しくはこちらを…クリック

父親の突然の死

どちらもなんとか乗り越え

今こうしてブログを書けてますが

何か一歩間違えばどうなっていたか…

やはりパチプロはそれ相応の

リスクを背負ってる

割りに合わないものですよ。

サラリーマンと違い

会社や国からの援助なんて

期待できません。

そもそも無職ですから…

天災やコロナでパチプロを

引退した人もいるでしょうね。


内的要因

次は内的要因です!

これは自分自身の問題から

起きることが原因です。

早い話

もう辞めたい!

そう思うようになることです!

まぁ仕事と同じで

会社を辞めたくなることは

ありますよね?

理由はそれぞれでしょうが

パチプロの場合はどんな

理由から嫌になるのでしょう。


パチプロは精神的にキツイ

・社会に貢献してない

・将来への不安

・孤独な日々

・普通に戻りたい

ほとんどが税金も払ってないでしょう。

毎日やってることは

パチンコ台に向かって打つだけ…

ハッキリ言って社会に何にも

貢献してない存在です

責任感が強い人ほどそのことに対し

罪悪感が芽生えるものです。

誰の役にも立ってないことは

生きてて虚しくなる。

世の中には色んな商品・サービスがあり

需要があるから存在してる。

そしてほとんどの人は

そういう会社に勤め

社会をまわしてるのです。

でもパチプロは…。

そしてフト打ちながら考える

このままでいいのだろうか?

一生パチプロのままで

人生を終えるのはなんか悲しい

でも今更…

そう今更就職するのも嫌だ!

お金のために頑張る会社員のイラスト

その相反する葛藤が襲ってくる!

何よりもいつも一人で活動し

誰とも喋ることがない。

会話するのはパチ屋のスタッフくらい

それを考えると

本当に虚しくなってくるw。

いつの間にか一人が慣れてくる。

どんな環境でも耐性がつくものです。

なのにたまに人と会ったりすれば

こんなにお喋りになるのだろう?

やはり心のどこかでは

人との触れ合いを求めてるのか?

そしてこのままでは

一生一人で過ごし

死んでいくのだろうか…

やはりこのような生き方は

どこかオカシイ。

今からでもまともな普通の人生に

戻れるかな?

この業界もこの先どうなるか…

明るい未来は正直見えない…

少しでも若いうちに

社会復帰するべきかも…

このように自分は現役の頃は

ちょっと考え事すれば

こんなこと考えてました。

最初のうちは好きだったパチンコで

飯が食えることに満足どころか

充実してたくらいです。

でも段々と年を取り

いつまでもこんなこと

続けてることに怖くなるのです。

あくまでパチンコはお金稼ぎで

他にやりたい目的があるならまだいい。

でも他にやりたいこともなく

ただ生きていくだけの為に

パチンコ打つのは情けなく感じるのです。

こんな事するために

生まれてきたはずではない!

そう考えるようになっていきます…

でも、結局は変える勇気はなかった。

プロを辞めたのはあくまで

稼げなくなったからで

好きで辞めたわけでないのです。

これは自分の場合ですが

聞けば稼げてる状況でも

辞めて行く人もいます。

それには今の自分の状況に

不満があるからだと思いです。

月に50~100万も稼げるなら

そんなことも考えないでしょう。

お金を見つめてニヤけている女性のイラスト

でも現実は年々稼ぎが減り

将来の不安がよぎらないわけがない。

パチプロに縛り付くには

メリットがなくなりつつあります。

そう考え引退を決意し

新たな道を歩く選択を

する人も出てくるわけです。

それは仕方のないことです。

倒産する会社だと分かれば

離れたくなるのと同じ。

今は良くても将来は

暗い未来しか見えないと

考えないほうがオカシイ。

こんな感じで辞めていきます。

辞めるのに良い悪いはないです。

どんな選択しようが

生きていくしかないですから

ごく一部の勝ち組のプロも

不安がないわけではなく

むしろ不安だらけです。

パチプロ希望者はよ~く考えて

決断して下さい。

会社辞めてまでするには

パチプロは今はリスクが高すぎます!

関連記事

優良店がダメになっていく過程

父親の突然の死